« 野戦救急車 | トップページ | また靴のはなし »

2013-06-09

SEMOVENTE M40 75/34

少しづつ模型脳が動き出し始めた今日この頃ですが、そうなると例によって、やらんで良い事も思いついてしまう訳でして。
T_dsc00777
写真は16年前のモデルアート増刊「突撃砲モデルフィーベル1」に掲載して頂いたタミヤのセモベンテM40の現在の姿と掲載誌です。数年間模型屋さんのケースに飾った後、自宅に持ち帰りM14のパーツ取りに使ったりして、暫く前からご覧のような状態に。
製作当時は初期フリウルやPEを使ったセモベンテの作例はあまり無かったので、結構評判が良かったのですけどねえ(遠い目)。一通りセモベンテを作り終えたら捨てるつもりでいたのですが、これに大量に余っているタミヤのイタリア戦車パーツ(キャタピラなど)を組み込んでもう一台作れるんじゃね?と思い始めてしまったのですね。

でも、どうせなら違う車輛・塗装が良いので、「もしかしたらあったかも知れない車輛」としました。以下薀蓄。

自走砲であったM40 75/18を長砲身化し、駆逐戦車として運用するべく開発されたのが、セモベンテM42 75/34です。M15中戦車をベースに、P40重戦車用の砲を搭載した車輛でした。
M40とM42の戦闘室のサイズはほぼ同じなので、M40にP40重戦車用の砲をそのまま載せた車輛もありえるな、と思いついたのでした。早い話が「大砲は長い方が恰好良いから」というだけですが(実際にハーフフェンダーのM40に32口径の75ミリ砲を載せた試作車両の記録写真もありますが、多孔式マズルブレーキがそのまま付いてるので恰好悪い)。時期的には既にドイツ軍に接収されている筈なので、ドイツ軍仕様の迷彩となります。
T_dsc00780
早速ブルータンク氏からHARPのパイプカッターを借りてきて、プラ棒・プラパイプを組み合わせて砲をでっち上げました。若干真っ直ぐでないような気がしますが、あくまでシャレなので。不用部品を使い、カネも手間も掛けずに仕上げるつもりです。しかし…うーん、何だか長い寄り道になりそうで怖いなぁ。

|

« 野戦救急車 | トップページ | また靴のはなし »

コメント

この掲載誌は、先日、イタレリコンで、M14/41を作るときに、引っ張り出して参照させていただきました♪
ということは、今まで、かなりの数の作品を拝見していることになりますね!
イタレリのポルシェ・タイガーとか、HiPMの1号A型とかが、すごく印象に残ってます。

投稿: TFマンリーコ | 2013-07-20 16:24

TFマンリーコさん

今の目でみますと全て拙い作品ばかりですが、覚えていただいていてありがとうございます。
雑誌の中でも「ん、何だこれは」というキットばかり選んで作っていたので、印象に残ったのかもしれません。
しかし当時はレジンキットとか簡易インジェクションとか、結構自由に作らせて貰ってましたね(笑)。

投稿: me20 | 2013-07-20 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野戦救急車 | トップページ | また靴のはなし »