« Sweet Refrain | トップページ | 新・L6計画 »

2013-11-10

T-18軽戦車 【3】 【完成】

白カビが生えたモルドバ・AER社のT-18軽戦車の塗り直し、完成です。

前回までのお話と基本塗装に関してはこちら→T-18軽戦車  T-18軽戦車 【2】

T_t_dsc00840
ウオッシングとスミ入れは油絵具にて。思い付きで、ピグメントを溶剤に溶いて吹きつけたり、飛沫を飛ばしてみたり。こうして文にしてみると、塗装に関してはやることが単純なのであまり書くことがないですね。失敗してるし。

砲塔横面の巨大なピストルポートっぽい謎部品は、製作当時に元あったモールド通りにプラ板で作り直した部分です。資料を見てもこんなモノは確認できないので、塗り直す前に削り取ろうと思ったのですが、作業上周囲のリベットの植え直しも必要になります。起動輪や誘導輪、転輪の形状もかなり大らかな上、前回に触れた尾橇の件もあるので、どんどんやる気が削がれてしまい、敢えてそのままとしました。

T_t_dsc00846
キャタピラは初期タイプ?の雰囲気はあるものの、ご覧の通りバタークッキーを繋ぎ合せたみたいで、どう塗っても重厚な金属の感じがしません(笑)。
95年の合同展に展示した際、大勢の方に「買って持っている」と声を掛けて頂いた記憶があるので、こんなしょうも無いキットでもたくさん売れたんでしょうね。まぁある意味、いい時代だったのかも知れません。

|

« Sweet Refrain | トップページ | 新・L6計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sweet Refrain | トップページ | 新・L6計画 »