« M40-75/18 S.P.G 【restart】 | トップページ | Perfume - Sweet Refrain »

2013-11-24

M40-75/18 S.P.G 【23】

インテリアの塗装が仕上がらないと地味な絵の連続になってしまうので、今回は模型誌でもなかなか取り上げてくれないセモベンテのマークなどについて考察してみます。
T_dsc00869
先ず車輛ナンバープレート。赤文字R.E.は陸軍(Regio Esercito)を表し、戦車・装甲車は1から9999までの番号が与えられていました(Panzer Graph 2007年春号より、吉川和篤氏の解説)。
車体前部の横長のは恐らく車体に直接描きこまれていますが(擦れて消えかけていたりする)、後部は現在の車のナンバーのように、文字部分がエンボスになっているプレートです。
以前カーロアルマートM14/41の記事『モデルヴィクトリア(MV)のデカールには後部のナンバーが含まれてない。本来はエンボスなのでデカールでは表現せんという事なのか?』と書きましたが、どうやらその通りのようです。

上の画像は今回インテリア等を使用したMVのアップデートキットに付属しているエッチングパーツ(PE)と、同社のM40-75/18用デカールセットです。デカールの方には前のナンバーしか印刷されていません。やはり後ろのナンバープレートはPEを使え!という事なのでしょうねえ。

T_dsc00872
左がタミヤのセモベンテM40付属のデカール、右はMV。
タミヤは付属のPEのプレートを使っても使わなくても良いように、白地と無地の2種類のナンバーが用意されているたいへん親切な内容です。対してイタリア製は別売りにも関らず「そんなものは用意しとらん、当たり前だ」と言わんばかりです。
しかしここでタミヤのデカールを使うと負けた気がするので、超絶面倒くさいですが、MVのPEプレートをローガンに鞭打って塗ってみたいと思います。


先ず、と言いながら後の話が続きません(笑)。以下は因みに、という程度です。
タミヤのデカールは、北アフリカ戦線の2種類の車輌のマークを選べますが、説明書には恐らくスペースの関係で(英語併記も良いんだか悪いんだか…)あまり詳しく書いてありません。そこでMVデカールの説明書から簡単に読み解いてみますと、ともにアリエテ機甲師団の車輛であり、逆三角形のマークを描いた方が第5大隊(Ⅴ°GRUPPO)、戦闘室両側と車体前部に羊(アリエテ)のマークを描いてあるのが第6大隊(Ⅵ°GRUPPO)。また三角形は色分けや向きによって中隊(BATTERIA)を表すようで、タミヤのは第2中隊、MVの色が逆になっている方は第1中隊のようです。間違ってたらスミマセン。

|

« M40-75/18 S.P.G 【restart】 | トップページ | Perfume - Sweet Refrain »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M40-75/18 S.P.G 【restart】 | トップページ | Perfume - Sweet Refrain »