« FIAT3000 mod.21 ② | トップページ | FIAT3000 mod.21 ④ »

2015-05-31

FIAT3000 mod.21 ③

住友たかひろ氏主催のネットコンペ参加作品、製作記その3。
と書き始めましたが、例によって殆ど進捗はありません。いいのかそれで。

本来製作報告はSUMICONのBBSで週一程度行うようなのですが、あんなに人の多い掲示板に書き込みするのは初めてなので、コツが掴めません。
出だしに張り切り過ぎて、秋頃に「そう言えばあの人どうしたの」みたいにならないようにしないと。
今後はBBSへの書込みは短めで、これまでのあらすじはブログへどうぞ~みたいに誘導をしたいと思っています。

という訳で、BBSに書くほどでもない小ネタ的なことなど。

・「TauroのFIAT3000は昔のイタリアの雑誌の付録だった」という定説は、ご存じな方も多いのですが、詳細は定かではありません。

私を含めた多くの方が「昔々にイタリアのMGみたいな雑誌があり、その特集記事と大型付録がFIAT3000で」とイメージしていると思うのですが、最近その雑誌がeBayに出品されていたのを見た人の話によると、どうやら違うようです。

いわゆる模型の総合雑誌ではなく、たぶん簡単な戦車の解説のみのペラペラな冊子とキットのセットだと。そして、そのセットはシリーズ化されていて、イタレリのカーロアルマートや飛行機のキットもあったとのこと。※
どうやら雑誌ありきではないようで、キットの売り場所を、雑誌を並べている店にも増やす企画だったのではないかと想像します。
そうなると、TauroのFIAT3000はそもそも雑誌の付録、というのも怪しくなりますが、例によってそれ以上は謎のままですすみません(調べろよ)。

※追記 
・「Storia dei mezzi corazzati」という世界の戦車を紹介する雑誌であり、FIAT3000はそのオリジナルの付録用キットであったとのことです。
・「飛行機のキットと雑誌のセット」は同じ出版社の別のシリーズとのことです。
詳しくは本記事へリンク頂いたかば◎さんのブログ かばぶ 『雑誌+キットの謎(タウロ FIAT3000)』 をお読みください。


・23年前の作品との比較。
T_dsc01246
23年前に勢いで作った作品はご覧の通りガラクタと化してますが、あまり手を入れていなかったのが幸いして、現在、元のディティールの見本となっています。

砲塔の天板は実物と同様に、側面を組んだ後に上から被せる構造になっていますが、プラの厚さが1.3ミリほどあります(赤矢印が接着ライン)。

折れ曲り部分もあるので、ここをパテ無しで薄く削り合わせるのは難しく、ウェブで拝見する多くの完成品がそうであるように、素直にそのまま組むのが完成への近道かと思います。もちろん当時の私もそうしています。

然しながら今回は、天板が厚いと「妙に額の長い人」みたいに見えるかなーと感じたので、0.3ミリ厚に削り合わせてみましたがどうでしょう。
…昔の自分の作品も含めこの砲塔は「額が長い」と脳に刷り込まれているので、実はどうも違和感が消えません(笑)。

|

« FIAT3000 mod.21 ② | トップページ | FIAT3000 mod.21 ④ »

コメント

Tauroのその辺の話は、詳しい人によるまとめた記事を読んでみたいですね。
幻の「1/35 チャーチル Mk III」なんてのもあって、それは結局発売されなかったみたいなんですが、数年前にやはりebayに出品され、みしりんでちょっと話題になってました。

FIAT3000、「メカだるま」って感じですね。完成の暁にはルノー FTも組んで並べると楽しいかもですね。

投稿: セータ☆ | 2015-05-31 22:00

セータ☆さん

雑誌の付録云々の話は、私の周りのこのキットに全く関心無い連中も知っているんですが、ではどこで知ったのかが良く判りません。
珍しい存在なので、掘り下げてくれる方がいればいいですね。自分ではちょっと…、という感じですが(笑)。
>幻の「1/35 チャーチル Mk III」
これは存じませんでした。もし発売されていれば「難物キットランキング」の上位は間違いなかった事でしょう。

「メカだるま」良いですね。戴きます。
現在、FIATのメーカーエンブレム(緑のほうの額辺りに)が鼻の位置に付いてるので、ますますだるまにしか見えません。この後、目から機銃が生えてきますが。

投稿: me20 | 2015-06-01 09:34

これ(左側)、ギャラリーに完成品写真があるヤツですよね。
ああ、もったいない……って、ことの顛末は、ギャラリーの最終ページにも書いてありますね。
「額が長い」で、幕末の大村益次郎の肖像画を思い浮かべてしまいました。あるいは栄西禅師とか。

>>簡単な戦車の解説のみのペラペラな冊子とキットのセット

今で言うと、First to Fight 1:72のポーランド戦シリーズ(http://kabanos.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/c2pfirst-to-fig.html)みたいな感じっスかね。

一応、その「雑誌」とセットの状態の写真を見つけました。
http://s1282.photobucket.com/user/Blueboxman/media/Various/Mezzi_Corazzati/FIAT_3000-2_zps6194ef00.jpg.html

イタリア語版のwikipediaによると、どうやら「Storia dei mezzi corazzati」というミリタリー関係の百科事典のような出版物があったらしいのですが(イタリア語なので内容がよくわからない)、それに属するものなのか、同名の別物なのかはよくわかりません。

投稿: かば◎ | 2015-06-01 17:47

続けざまで済みませんが、補足。

上に、「『Storia dei mezzi corazzati』というミリタリー関係の百科事典のような出版物が」あり、「それに属するものなのか、同名の別物なのか」よく判らないと書いたのですが、
「Storia dei mezzi corazzati」で画像検索すると、その「百科事典」的出版物の写真が多数出てきて、体裁に共通性があるので、関連商品であるのが確認できました。

なお、セータ☆さんの書いているチャーチルについて取り上げているブログがありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/porsche205_1/47888041.html?type=folderlist

ほかにもイタレリ製品をセットしたものがあったようですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/porsche205_1/47910140.html?type=folderlist

投稿: かば◎ | 2015-06-01 18:29

おぉ、セットになってるのを初めて見ました。なんかこうイイ感じの怪しさ満点ですね。
デアゴスティーニ(伊)が分冊百科を刊行し始めたのが1959年だそうで、その影響というか流行だったのかもしれないですね。

投稿: セータ☆ | 2015-06-01 20:33

かば◎さん

おお、一発解決じゃないですか!!しかも日本語で読めるブログもあり、わかり易いです。ありがとうございます。

「戦車の歴史」でしたら飛行機のキット云々はガセでしたね。何か違う物と見間違えたのかもしれません。ごめんなさい。訂正しておきます。
やはりTauroのFIAT3000は雑誌が生んだキットだったんですね。スッキリ。しかもチャーチルとレオパルドかー。凄いなとしか言えません。

セータ☆さん

チャーチル作ってみたかったなー。
そんなに出来悪そうに見えないけどな(大丈夫か俺)。売ってたら絶対に作ってますね。もちろん20年前ならですけど。

投稿: me20 | 2015-06-01 21:17

>>「戦車の歴史」でしたら飛行機のキット云々はガセでしたね。

いや、もしかしたら、飛行機も出ていたのかもしれません。
なぜなら、同じ出版社から飛行機の百科事典も出ていたからで……。

ええと。これについては載せたい写真もあるので、ウチのブログでちょっと書きますね(ここに写真が投稿できれば!)。

投稿: かば◎ | 2015-06-01 22:54

かば◎さん

ブログ拝読しました。飛行機は同じ出版社の別シリーズだったんですね。また直しておきます(汗)。
最初に出品画像の話をしてくれた人にも教えておきます。ありがとうございました。
お陰様でいろいろ解決しました(言いだしっぺなんだから自分で調べろ、という話なんですが…)。

投稿: me20 | 2015-06-02 08:37

Fiat良い~、私もチンク欲しいで御座いますぅ。
アバルトの3000とかは、無かったですかね?
蠍のエンブレムが、メチャ似合いそうじゃないですか。

投稿: sgt.Metabo | 2015-06-03 18:46

sgt.Metaboさん

えーーと、ちょっと待ってくださいよー。

……。……。
…sgt.Metaboさん、どうしたんですかー。大丈夫ですか。物凄く久し振りじゃないですか(こちらでは10年振りかな)。
「変なの来ちゃったー」 これでいいですか!(ホントはコメント頂いて嬉しいです、でももう来ないで下さい。笑)。

※ブログをご覧の皆さまへお知らせ:サークルのメンバーへのresでございます。

投稿: me20 | 2015-06-03 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIAT3000 mod.21 ② | トップページ | FIAT3000 mod.21 ④ »