« FIAT3000 mod.21 ① | トップページ | FIAT3000 mod.21 ③ »

2015-05-26

FIAT3000 mod.21 ②

SUMICON2015のBBSに書きましたリベット製作に関する記事です。

プラ板打ち抜きのリベット作成にはいくつか方法があります。
ビーディングツール(彫金用の玉ぐり工具)、ブラチモデルのパンチセット、更にヒストレックスのパンチアンドダイなど。これらはすべて専用工具です。
(玉ぐり工具は当初模型店の流通で1セット数千円しましたが、実はバラで安く買えると判ってから、手に入れた方も多いと思います。もちろん私は「使わないサイズが殆ど」のセットで買いました…泣)。

では、一番簡単で手間もお金も掛からないラウンド(丸頭)リベットの作り方です。
用意するものは4点ほどありますが、ここにお集まりの諸兄ならば大抵持っている物だと思います。

・固めで厚いゴムマット。10センチ角で十分でしょう。ホームセンターで売っています。なければスチレンボードでも構いません。

・0.25ミリのプラ板。私は京商扱いのエバーグリーンを使っています。タミヤの0.3でも良いですが後で述べる理由で少し手間が掛かります。

・ピンバイス。どなたも大小持っていらっしゃると思いますが、小さい方です。

・ドリル。今回は0.5~0.6ミリを使います。そのままリベットの径になります。

1、ピンバイスにドリルを逆さまにセットします。先端を下の画像くらい出しておきます。

2、ゴムマットにプラ板を置きます。

3、逆さまにドリルを取り付けたピンバイスを垂直にプチッと押し付けます。

4、プラ板にドリルの径の穴があいて、抜け落ちた部分がリベットになります。

・タミヤのプラ板だと材質の問題で抜け落ちません。裏側にリベットのモールドが出来るので、ナイフで切取る必要があります。切り取るとどうしても裾がハカマを穿いた状態になります。

・欠点は、厚み以上のボリュームが出ないこと。プラ板を厚くすると当然抜けません。ただ、これは高価な工具を使っても結果は同じです。

・ボリュームを出したい場合はプラストラクト0.4ミリ又はエバーグリーン0.38ミリの板を使いますが、やはり打抜けないので切取る必要があります。

・逆に、ボリュームを出したくない(フラットな頭の)場合は、板おもりを抜けば理想のリベットが得られます。

・やはり専用工具に比べて若干精度が落ちます。押し付ける角度によって楕円になります。

以上は、私の所属しているサークルの会長に教えて頂きました。ブルータンクさんありがとう。

T_dsc01245_2
画像はテストでプラ板を打抜いたのもを車体裏に貼って比較したものです。
上がブラチモデルのパンチセット、中がビーディングツール(玉ぐり工具)、下2個が今回説明させて頂いた方法です(字がヘタですみません)。

|

« FIAT3000 mod.21 ① | トップページ | FIAT3000 mod.21 ③ »

コメント

(ちと脱線ですが)
玉ぐり工具は、その昔(まだ模型用工具としては流通していなかった頃に)確かハンズで12本セットを買いました。2000円するかしないかだったような。

当時言われていた(リベット製作具としての)使い方は、小さな鉛粒をこれでつぶして貼り付ける、というものでした。
それ用に瓶入り鉛粒も購入したものの、作った鉛のリベットを瞬着で綺麗に一発で接着する?――なんて難易度の高いワザは想像するだけでゲッソリしてしまい、一回もその方法を試したことがありません(だめぢゃん)。

その後、プラバンからリベットを打ち抜くのに使って「あんまり綺麗じゃないなー」と思ったりで、実のところ、今回、「I号戦車の表面にネジ跡を付ける」というのが初めてのマトモな活躍かもしれません。宝の持ち腐れ……。

投稿: かば◎ | 2015-05-28 10:30

かば◎さん

先程調べてみたら球ぐり工具(検索してみたら玉じゃなくて球でしたっけ…)の24本組が、メーカー希望小売価格4000円でした。
12本で2000円でしたら当時と価格は変っていませんね。なお、シェブ〇ンのビーディングツールセットは22本組で、はっせんはっぴゃくえんでした(爆)。
記事に書いた通り、私はシェブ〇ンのセットを買ったわけですが(笑)、よく使う4本以外は使わないまま錆びています。
まぁ恐らく付属のゴムマットが4800円くらいなのかと…(なわけない)。

>瞬着で綺麗に一発で接着する?
マスタークラブのリベットを一度、穴を開けずに軸を切って接着しようと試みた事がありまして、その方がドリルで穴を開ける手間が省けると思った訳なんですが、
結果はもちろん「穴を開ける方が手間が掛からない」でした。理由はかば◎さんが書かれた通りです。やはり上手く考えて作ってますね。

球ぐり工具を使って、プラ板製リベットは確実に上手く抜けます。小さい物ならばボリュームは問題ありません。
尾藤さんも同じ工具で、Ⅱ号戦車のディティールに使ってますよ。
http://panzermemo.web.fc2.com/styled-3/styled-53/styled-56/styled-57/styled-66/index.html
勿体ないので、是非使ってください。ポイントはプラ板のブランドです(笑)。

投稿: me20 | 2015-05-28 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIAT3000 mod.21 ① | トップページ | FIAT3000 mod.21 ③ »