« CGV model 1906 armored car 【13】 | トップページ | 作品展示のお知らせ »

2016-07-26

CGV model 1906 armored car 【13】-2

住友たかひろ氏主宰のネットコンペ参加作品、第三弾の製作記その13の追記。

前部車輪の内側(フェンダーの取付箇所など)は完成後にはよく見えなくなりますので、画像を残しておきます。
T_dsc01598
「あれ、フェンダー支持架の位置おかしくね?」とか気にする人は居ない(たぶん…)と思われますが、少しだけ。

実際の支持架の取付位置は、前後とももっと内側で、前後に(特に後ろ)支えていない部分が余ります。
しかし、パーツの強度が弱くとても不安なため、敢えて支持架の取付位置を前後の端と、一番高い位置に変更しています。こうすると結構丈夫になり、その後の作業も安心です。

支持架の形状も本来は丸棒と平板を半田付けにするべきですが、丸棒のみで作っています。
元々オモチャみたいなキットをストレート組みするつもりで作り始めたので、いらぬ手間を増やして作業が遅くなるのを避けているわけですね(おまけに良く見えないし)。

以上、長ーい言い訳でした(泣)。


※あ、ハッチの取っ手も真鍮帯板で適当に作ってます(適当というフレーズが多いな)。

|

« CGV model 1906 armored car 【13】 | トップページ | 作品展示のお知らせ »

コメント

me20 さん

フェンダー支持架を見せていただきありがとうございます。
私だったらプラ棒かプラ板で作ろうとしますので、このサイズだと壊れます。
真鍮線を使った加工も覚えていた方がいいかもしれません。


投稿: hiranuma | 2016-07-26 23:05

hiranumaさん

私も、どの工作も先ずは「プラ材で作れないか」と考えます。
再現よりも位置決めと接着が簡単な方を優先したいところです。
今回の場合は、プラだとかなり太くしないとならないので、0.6ミリ真鍮線にしましたが。

投稿: me20 | 2016-07-27 07:31

で、実際にはフェンダー支持架はどこに?と思って、me20さんと共通の (^^;) 資料をめくってみました。
あー。なるほど。
しかしこれ、実車は走っているあいだじゅう、フェンダーの裾がべよんべよんいってそうですね。

投稿: かば◎ | 2016-07-28 20:24

かば◎さん

フェンダーの支持架の位置なんて(知らなければ)どこに付いていても大して気にならないものなんですが、
実際と違って付いているとどうにも「恰好悪く」感じでしまうのはなぜでしょう…。

あ、更新したブログにも書きましたが、秋葉原のイエローサブマリンさんに今日から作品を展示して貰ってます。
お立ち寄りの際には是非ご覧ください。

投稿: me20 | 2016-07-28 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CGV model 1906 armored car 【13】 | トップページ | 作品展示のお知らせ »