« what should I do | トップページ | Walsh LA’84 »

2016-09-21

PUNCH & DIE

RP TOOLZのパンチ&ダイを購入。

T_dsc01630
0.5ミリ径から0.1ミリ刻みで2ミリ径までを打ち抜ける工具セット。何のためでどのように使うかは省略します(当たり前)。
この製品がハンガリーでいつ発売されたのか判りませんが、かなりの後発であるのは間違いないので、パンチの形状などいろいろ考えて作られている感じがします。

付属のハンマーは要らないよ、と思ったのですが、これ位の適度な重さ(軽さ?)でないと打ち抜きのパンチ(軸がアルミ製)やダイプレート(アクリル板)が痛むのかなと思います。そういえば、私が初めて買ったHistorexAgentsのパンチ&ダイはアクリル板を割ってしまいましたっけ。
奮発して専用のトレイも買いましたが、これは無くてもよかったかなー。


今まで持っていた打ち抜き系工具はこれ。

T_dsc01631
中がHistorexAgentsのパンチ&ダイ(2代目)、左がHistorexAgentsの六角(2代目)、右がメーカー不詳のパンチ&ダイ。
因みに右のセットは、打ち抜きの径が中のとぜんぶ被ってます。コレいったい何のために買ったんだ、と使うたびに思うわけで。あと番号じゃなくて径を書いとけよ、とか。

|

« what should I do | トップページ | Walsh LA’84 »

コメント

RP TOOLZってハンガリーのメーカーだったんですね。知りませんでした。
写真を見た時、「のど自慢の鐘」を連想しましたが…。ハンマーとか。

投稿: セータ☆ | 2016-09-21 23:26

セータ☆さん

私も知らなかったんですが、説明書にブダペストの住所が書いてありました。
大判にしてネジ固定できるようにするなど、後発ならではの工夫を感じます。ただ、使わないサイズもあるだろうな…。

ハンマーは「子供が絵に描いたトンカチ」っぽくて面白いですね。今までは百均のを使ってましたが、今後はこれで行きます。

投稿: me20 | 2016-09-22 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« what should I do | トップページ | Walsh LA’84 »