« BIRKENSTOCK BIRKO CONFORT | トップページ | SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【12】 »

2018-01-21

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【11】

クリルーモデル・M43 75/46のリメイク続き。

え…いったい何のことだ?と思った方は2014年のこの記事「SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【10】」をご覧ください。
T_dsc01848
1998年の完成作品を、2012年に一旦壊して、その後塗装前までに仕上がったのが2014年
そしてその4年後の今、誰もがすっかり忘れたころになって塗装再開。これぞまさに究極のスローモデリングですよお客さん。
※「工作途中も見たい」という奇特な方は、カテゴリーの「リメイク道」に記事をまとめてありますので宜しければどうぞ。

さて、目指す迷彩塗装はイタリア軍の「亀甲迷彩」です(石垣状迷彩と言っていましたが亀甲のようです)。

画像はMrカラーのライトグリーンで下地を塗装後(約2年間ほど乾燥)、ハンブロールのアース色で迷彩パターンの筆下描き終えたところ。
いきなりエアブラシでパターンを書き込まないのは、下地色の影響があるのと、下描きが無いと大きく描き過ぎてしまうからです。

この後の工程は、ラッカー系塗料の茶系でエアブラシ吹き→緑系で補正→一旦クリア―を吹いてコーティング→アクリル系塗料のバフ系で線を下描き→同じ塗料で線をエアブラシ吹き、でようやく基本塗装を終える予定ですが、果たして思っているように出来るかどうか。

ブルータンク氏には毎度毎度「練習してからやれ」と忠告されていますが、人生は短いんでそんなことやってる暇はありませんよねえ(←いろいろ間違っている)。

|

« BIRKENSTOCK BIRKO CONFORT | トップページ | SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【12】 »

コメント

「一つのキットをどれだけ長く反芻して楽しめるか」の記録作りに挑戦しているような(笑)。

この「ボケ足はあるのにやたらに細かい」迷彩パターンは、憧れはしますが、たぶん私は一生作れない気がします。イタレリのP40も結局買ってないしー。
その代わり、me20さんの工作をじっくりじっくり堪能させていただきます。

投稿: かば◎ | 2018-01-23 19:44

かば◎さん

以前完成させたタミヤのセモベンテも6年掛けています。
こう書くと毎日少しづつ作業しているように聞こえますが当然そんな訳はなく、あいだに何年も放置状態なのですが。
でも手を付ける度に自分の作り方、考え方が変わって行くのが面白く、お勧めです(勧めるのか…)。

亀甲迷彩メンドクサくて考えるのもイヤになりますね(笑)。この塗装でなかったら、このセモベンテもP40もとっくに完成してるはずなんですが…。

投稿: me20 | 2018-01-24 17:12

まあ、(P-40もそうですが)この塗装あってこそ、という車種でもありますしねえ……。

もちろん私も長期熟成中のキットはた~んとあります。
Vanatorul de Care R-35とか……。

投稿: かば◎ | 2018-01-24 22:07

かば◎さん

P-40は縞状に3色迷彩するとかガルパン仕様にするとか逃げ道(←おい)がありますが、
AB-43だとこの迷彩のイメージしかないですね。作りませんけど(笑)。

≫Vanatorul de Care R-35
何だっけ、と思い画像検索してから「何となくバランスがおかしい」R-35だと思い出しました…。

投稿: me20 | 2018-01-24 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BIRKENSTOCK BIRKO CONFORT | トップページ | SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【12】 »