« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018-05-19

Fiat 508CM Coloniale③

肝心の模型製作の前に記事が進むのもどうなんだと思いますが、基本的に備忘録なので悪しからず。

懸案であるウィンドウの上下寸法の件。
T_dsc01889_2
ご覧の通り、思い切り寸詰まりです。
セモベンテの起動輪の歯数は一瞬では判りませんが、これは一目見ただけで判ります。

どこの寸法が間違っているかというと、ウィンドウを倒して開けるための軸になっている部分から下の長さです。
キットでは上下ともほぼ同じ長さですが、実車を見ると下側の方が長いのが判ります。
※昨年はウィンドウの下の車体部分が少し高いせいかな?と思っていたのですが、単純にウィンドウのサイズが問題のようです(SBSモデルのレジンパーツもキット部品と同じ形状でした)。

AUTOMOBILE DELLA 2^ G.M. DIVISIONE ARIETE.(YouTube)
1分程度の動画ですが、ウィンドウ廻りのディティールがよく判ります。撮った人GJ。

んで、この問題はSBSモデルのPEセットで解決したと(無理やり)思い込んでいたのですが、やはりただの板でしかなく。

The Bodiのコロニアーレ乗員セットの完成品画像はSBSモデルのパーツを組込んでいますが、見てお判りのようにペラペラです。
寸法に問題さえなければ、キットのモールドでも良いのになーと感じます。さてどうする…。


| | コメント (2)

2018-05-17

Fiat 508CM Coloniale②

スミコンの製作スタートは6月1日なので、それまではお預けです。

時間があるのでキットの詳細を見ています。
T_dsc01888
前部ドアの内側のモールドが布っぽく、ポーチ状のモールドがありますが、間違っているようで、用意したSBSモデルのパーツには上から貼って対応するPEがあります。

複数のサイトで確認してみたのですが、タミヤ版(最近箱替え再販されているイタレリも)はこの箇所が改修されています。
※改修版には畳んだ幌も含まれているようです。

Haulerのカタログが改修後のキットで、改修部分を確認できます。

HaulerのPE、FIATのエンブレムにぐらっと来ましたが、見たらたぶんモールドも何も無いんだろうな…。

| | コメント (0)

2018-05-14

Fiat 508CM Coloniale

住友たかひろ氏主宰のSUMICON2018にエントリーさせて頂きます。

住友さんも今年はどうするか迷っていらしたみたいですが、ホビーショー会場でスミコン常連さんが鍬やムシロ旗を掲げた一揆のように押し寄せて、開催を決めたようです(一部誇張あり)。
決めたのが昨日で、先ほど受付開始。真似できません。頭が下がります。これは参加で応援しなければ。

さて、お題はこれです。
T_dsc_0872
イタレリのFiat 508CM Coloniale。去年の静岡ホビーショーの際、Nasi kandarさんに戴いたものです。
これにホビーランドの通販で購入したS.B.S.modelのアップデートセット3種を組込んでサクッと作ります。


車輛については1年前に少し調べたきりでまだ何も判っていません。たぶん、判らないまま完成に至るのだろうと思いますがゆるゆる見守って下さい。よろしくお願いします。

| | コメント (10)

2018-05-13

合同展2018終了

今年の静岡ホビーショー/クラブ合同展も終了しました。

珍しくフリマで買い物。
6ddejvn1vqaa4bmy
スタンド付きのワークホルダー、買い置き用のパンツァーパテ、いつ作るか判らないバレンタインのPEセット。
因みにバレンタインのキットは持ってません。

ホビーショー/合同展ご参加の皆さま。
ランナーズ&1/48.comの皆さん。
展示をご覧頂いた方々。
ご挨拶できた方もできなかった方も。
お疲れさまでした。2日間楽しかったですね。また来年お会いしましょう。

T_0000120
AFVモデラーズクラブ・ランナーズ2018 (にょさん撮影)

| | コメント (0)

2018-05-06

CARRO ARMATO P40 【16】

2014年の秋に中断していたイタレリのカーロアルマートP40の製作を再開します。
え?どんな風に作っていたの?という奇特な方はサイドバーの「カテゴリー」→「Italian Tank」でご覧ください。

中断後に最初の肩手術をしたので模型自体が何か月か出来ず、翌2015年の春にはスミコンに初参加してフィアット3000を作ったので、ずっとそのままになってしまっていたんですね。
まぁ、作る機会は何度も何度もあったんですけども。

セモベンテの迷彩はP40を作るための練習だと言い続けてきたので、忘れないうちにやります。
と言ってる傍からいろいろやらかしてますが…。
T_dsc01880
「そもそも黄色の線をアクリルで塗る必要ないよな?」と薄々感じてはいたものの、ラッカー系で同じ色を持っていないためタミヤアクリルのバフをラッカー系溶剤で薄めて吹いています。一見問題ないみたいですが、時間が経つとカップの中で分離して極端に濃くなるような…(※但しやり直しはしない)。

マスキングはゾルとパンツァーパテの併用。この辺は学習の成果でほぼ問題なし。このあと、同じ方法で緑と茶の部分を修正します。連休はここまで。


今週末は静岡ホビーショー/モデラーズクラブ合同展です。参加される方、見学予定の皆さまもよろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2018年4月 | トップページ