« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018-07-14

Fiat 508CM Coloniale⑩

住友たかひろ氏主宰のSUMICON2018参加作品続き。

SBSモデルのダッシュパネルにウィンドウの柱パーツを取付け。
T_tdsc01955
メーカーの指示ではPEの柱を両側に貼りつけて同じくPEの窓枠を取付けるだけなのですが、どちらも薄すぎてそのままでは使えません。
特に柱のパーツはレジンの取付け部分にパーツの厚さを示すモールドがあるので、そのままでは不自然です。
厚み分の0.25ミリのプラ板を貼って対処しました。

ここにお集りの皆さまに今さらこんな事を書いてもですが、エッチングパーツのセットを使えばリアルになるわけではないんですよね(でも買っちゃうんだなぁ...)。


窓枠パーツは、柱の厚さを増した分だけ幅が広すぎになるので、0.75ミリ切り詰めてハンダ付します。
2018071401
そのままでは柱同様にペラペラなので、窓枠の表側に0.2ミリのプラ板を貼ります。

ここまではスムースに作業が進んだのですが、ブラシでプラくずを取り除く際に引っ掛けて曲げてしまいました...。
このとき夜の1時頃。もう丸めて捨てたくなるのをぐっと堪えてリカバリーし、元の真直ぐには戻りませんでしたが、これで良いかという位まで戻しました。

最初からそれなりの厚さの真鍮平板で作り直せば良かったのではという突っ込みはナシの方向で...。

| | コメント (2)

2018-07-09

M3 STUART / TAMIYA

話題の新製品、タミヤのリニューアル版スチュアートを購入。

Dsc_1184
出先の大型電気店のオモチャコーナーで、タミヤの削りやすい瞬間接着剤と万年の塗料皿だけを買おうとしたのですが、棚から「買わずに帰るのかよ。」と声がしたので。

最近疲れています、はい。

ブログの過去記事を辿ってみたら、最後にプラモデルを買ったのは5年前のP40が最後。
買った直後に勢いよく作り始めたのですが、まだ未完成…。

その前は6年前のシムカでした。その前がマチルダの発売時なのでいつだったか…とにかくタミヤばっかりですね。

長い間買っていなくても貰ったりして、逆に在庫は増えてるからなぁ。そう言えば今作ってるコロニアーレも貰い物でした。

| | コメント (4)

2018-07-01

Fiat 508CM Coloniale⑨

住友たかひろ氏主宰のSUMICON2018参加作品続き。

作業はあまり進んでいないどころか、少し後退していますのご報告です。
T_t_dsc01933
SBSモデルのレジン製シートは、前部の背もたれの部分が既定の場所にきれいに収まらないのが気になっていました。
画像の右側の矢印(背もたれ)が、左側の矢印(ドアの柱)の位置に来るのが正解です。

無意識に組み込むとこうなってしまうようで、海外のこの製品を組込んだ作例を見ましたが、それも同様でした。

足を付けて少し後ろを持ち上げてやれば位置が合うだろうと思い後回しにしていましたが、どうやらシートの幅と車内の幅がいっぱいで、シートが少しでも前に来ると当たってしまうのが判りました。

そもそもそれ程必要を感じていなかったせいもありますが、こういうパーツはパチピタでなければ「楽をしたいから使う」という意味がありません。前後のシートともに使用をやめ、キットのパーツを使うことにしました。

というわけでキットのシートを少し弄ってみました。
T_dsc01946
…と言ってもビフォー画像がないので何とも反応がしにくいと思います。
一応、前のシートは左右に切断してエポキシパテで座面の形状を修正、パイピングを施して再組立てしてあります。
前後ともにタミヤパテで革シートっぽいテクスチャーを控えめにつけてあります。

…え?キットのままに見える?えええ、もっとよく見てくださいよ。ほら!ここ!ここを光にかざすと見え…(必死)。

| | コメント (8)

« 2018年6月 | トップページ