« Lancia 3Ro【2】 | トップページ | At the end of Heisei »

2019-04-20

CITROEN 11CV・SIMCA5・HORCH 1a 【6】

昨年末からぼちぼち始めたこの記事ですが、タイトルを変えずに続きます。

今回はタミヤのホルヒ1a。だいたいの基本塗装を終えました。

あ、まだワイパーが付いてないですね(窓にモールドされていたワイパーは削り取っています)。

T_dsc02101

車体はクレオスの退色したジャーマングレイ、幌はタミヤアクリルのRLMグレイでそれぞれ少しグラデーションを掛けています。

なんとなくプラモデルってここまでで良いんじゃないかなーと思ってしまう今日このごろ。

好きなところだけつまんで自分が満足ならいいじゃん、と。まぁコンペなどに出品しないオジサンのたわごとですけども。

T_dsc02102

後ろはこんな感じです。まだ光にかざすと若干(謎のドアの)パテ埋めの跡が見えますが、私の作品を光にかざしてまで見る人はたぶんいないのでこれで良しとします。

資料本の写真1枚を参考に、師団マーク、戦術マークなどを手持ちのデカールからそれらしく(一応 6th P.D. とあります)。

ナンバーは昔々にMSモデルが仕入れたメーカーの、バラバラの番号を一つづつ貼るものです。買ってからドイツ車輛は殆ど作らなくなってしまったのでようやく使えました。

メーカー名すら忘れてしまいましたが、当時このメーカーのCMKのフォルクスワーゲン用タイヤを買ったら、タミヤのキューベルワーゲンのコピーだったのは覚えています...。

|

« Lancia 3Ro【2】 | トップページ | At the end of Heisei »

コメント

>>当時このメーカーのCMKのフォルクスワーゲン用タイヤを買ったら、タミヤのキューベルワーゲンのコピーだった

うわ……。

投稿: かば◎ | 2019-04-20 21:38

幌の色のニュアンスが防水布っぽくて、いい雰囲気ですね。
見ていて今気がつきましたが、ボンネットと運転席前部のパネルの間は布でジョイントされてたのか。

後ろの謎のドアを埋めたり、フロントウィンドウのクリアパーツのワイパーのモールドを削って磨いたりとか、
完成したら誰も気づいてもらえないんでしょうね(^^)

投稿: hn-nh | 2019-04-21 06:18

かば◎さん

いえいえ、「タミヤのキューベルワーゲン」と言ってもリニューアル版なので(そういう問題じゃない)。
当時の記事です→ http://me20-modelfactory.cocolog-tcom.com/blog/2006/05/post_5005.html


hn-nhさん

幌の色はカーキ、となりがちで実際にそうだったのかも知れませんが、今回はグレーの1トーンにしたかったのでした。
タミヤのRLMグレイが防水布の色に近いというのはネットで知った先人の知恵です。専用カラーとか出てもよさそうなんですけどね。

>>完成したら誰も気づいてもらえないんでしょうね
後部のドアを埋めたりの工作をちょっと追加すると、タミヤの1/48に見えてくるというジレンマが...。

投稿: me20 | 2019-04-21 09:53

me20さん

製作記が見れるようになってよかったです。
キャンバスの色合いについては賛成です。
私はその知識は無いのですが、ドイツ軍(その他も)のソフトスキンのキャンバス色は3色
から4色であったような気がしています。
今回の車両でもカーキやオリーブドラブみたいなのではイマイチです。
フィールドグレー系が合っていますね。
作例になるので製作を進めてください。

投稿: hiranuma | 2019-04-21 17:26

hiranumaさん

車輛自体をいくつものメーカーで分担して製造していて、更にその幌を作る下請けがあり、
基準はあるものの素材も加工工程もそれぞれだと思いますので、色は文字通りいろいろだと想像します。

因みにキットの色指定は「バフ+ジャーマングレー」でした。40年以上前なのでナニですが、だいたい合っているのではないかなと(笑)。

投稿: me20 | 2019-04-22 13:24

今さらですがモデルアート版の「AFVリアルカラー」を読んでみました(ホントに今さらだな...)。

「車両と牽引車輛のすべてのキャンバスカバー、ならびに多色塗装された防水布とカバーはキャンバス用塗料のドゥンケルグラウ/ドゥンケルブラウンで塗り直さなければならない」
という規定があったみたいです。
1938年なので当時の迷彩を指していると思いますが、幌も車体色で塗られていたのかも知れませんね。まぁ1トーンで塗ったのは当たらずとも遠からずかな...。

投稿: me20 | 2019-04-23 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lancia 3Ro【2】 | トップページ | At the end of Heisei »