« At the end of Heisei | トップページ | Carro Leggero Ⅼ6/40 【1】 »

2019-05-06

Lancia 3Ro【3】

ポーランド・IGBモデルの3Roイタリアントラック続き。

工作が完了しました。

おや、いきなりか?従来は「パーツを接着しました」がトピックだったme20に変化が?と思われた方はご安心ください。単に拙ブログの更新が遅くなっただけです。

T_img_20190505_160826

えーっと、トラックです。実はトラックを作るのは初めてなので、極端に語彙が少なくてすみません。

因みにエンジンはLancia Tipo 102 Dieselだそうです。この5気筒エンジンの3Ro型は1938年から1947年まで製造されたとありますね。

 

基本的にはストレート組みなんですが、荷台の横面など合わせ目が目立つ箇所はさすがにパテ埋めとかしています。物凄く面倒でしたけど。

あと、これプラ柔かいし絶対に折れるよねーという箇所も幾つかあり、案の定工作中に折って真鍮線で補強したり交換したりしています。

T_img_20190505_160904

あ、さすがに車幅表示のポールは予め真鍮線で作り直しましたよ。これが0.6ミリ径のプラで成型されていて、ゲートが何か所もあるので折れない訳がないです。サイドミラーは...塗装中に触らないように気を付けます。

キットには左右のフェンダー上に楕円形のモールドがあります。これは現存車輌に見られるポジションランプですが、記録写真では確認できませんでした。恐らく戦後まで生き残った車両に後付けされた保安部品だと推測したため、削り取っています。

キットのクリアパーツは出来がイマイチで、ライトレンズも歪んでいて残念な感じ。カバーを掛けた状態に変えても良いかも...ですが、5ミリ径で、MODELER’Sのライトレンズセットのものが合うと思うので、そちらに交換する予定です。

|

« At the end of Heisei | トップページ | Carro Leggero Ⅼ6/40 【1】 »

コメント

me20さん

では、11日にこのトラック観れるんでしょうか。
だったら楽しみが増えるし遥々バスで行く甲斐があると云うものです。

投稿: hiranuma | 2019-05-06 11:59

hiranumaさん

すみません、これはまだまだ時間がかかるので今回は持って行きません。
これの荷台に載せるものが主役なので....

投稿: me20 | 2019-05-06 15:55

me20さん

そうですか、、、残念
では、塗装の秘密を教えてもらいに行きます。

投稿: hiranuma | 2019-05-07 00:19

hiranumaさん

よろしくお願いします。

投稿: me20 | 2019-05-09 18:33

me20さん

ホビーショーでは実物を手にとって見せていただきありがとうございました。
塗装の秘訣もお聞きできたので次の作品こそ透明水彩の様な仕上がりにしたいと妄想しています。
トラック進みましたでしょうか?
L6を積むんですよね、作例にするのでしっかり作ってください(笑)。

投稿: hiranuma | 2019-05-18 22:51

hiranumaさん

ホビーショーお疲れ様でした。

トラックは現在下地の状態ですが一気に塗らない(塗れない)ので時間が掛かっております。
L6は文字通り悪戦苦闘の最中です。

>しっかり作ってください
プレッシャーが....。

投稿: me20 | 2019-05-21 12:34

me20さん

ライトレンズの記述でインスピレーションがありましたので調べたことと経験したことや疑問を書きます。

写真を観るとライトにマスキング用の丸いシールがありますね、これ何だろうと思って調べたらジム用のシールで5mm径のものがありました。
そうかと思いつつ、でもマスキングしてどうするの?の疑問が、、、なんのためでしょうか?
それと5mmで合わないライト:4.5mmとか5.2mmなんてどうするのかな?、、、
さらに進んで「ライトレンズも歪んで」そうです歪みもありますが傷や曇り内包物(BA-20のとき)など様々で
レンズそのものがキットに無い状態でドリルで穴を開けてレンズをつける場合(私のケースはこれが多い)レンズをどうするか?
・レンズを探す:MODELER’Sは知らなかった(検索しても買えそうなところが見当たらない)
        これまでは、アスカモデルのアフターパーツを使用していました。
        MODELER’Sが見つからなかったのですが代わりに有望な:barchettaライトレンズ&メ—タ—レンズセットをみつけて注文しました。刻みモールドが入っているみたい。
・レンズ径に合わせる:5mmで5mmだと塗装厚で嵌らなくなるので大きくしないといけないがそれをどうするか?が課題。どうしてますか?
・レンズは普通光の拡散等の考慮で刻みがあります。素通しだと初期の車みたい。これが工作的には難しくて平行ラインを罫書く工具が必要ですが高額。仕方なく透明のまま。
・接着剤が課題でハミ出す、曇るなど問題が。今回も何故か左のライトが接着後曇った。ゼリータイプを使用したのだが何かの化学反応があったみたい。

投稿: hiranuma | 2019-05-21 20:13

hiranumaさん

>ライトにマスキング用の丸いシール
革ポンチという打ち抜き用の工具があります。サイズも各種ありますので近いサイズを使います。
それで2枚重ねしたマスキングテープを打ち抜いてマスクを作ります。
マスキングする理由は先にシルバーをエアブラシで吹いているからで、後からはみ出さず上手に筆塗り出来る人は行う必要はありません。

>レンズをどうするか >レンズ径に合わせる
紹介しておいてすみませんがMODELER’Sは会社自体もうありませんのでこのセットも絶版品です(だと思います)。また仮に苦労して手に入れても1/24用なので5ミリと6ミリ以外は1/35には使えません。
簡単に手に入るものはWAVEのHアイズ1のクリアで3~6ミリのものを削り込んでサイズを変えて使います(そのままだと厚すぎる)。
刻みの再現は今後の課題です。カッターの刃状のものを重ねて工具が自作出来ないか考えています(考えてるだけ)。

>接着剤が課題でハミ出す、曇るなど問題
小さいものは模型用接着剤を使用せずクリア塗料を流して留める方法が主流かと思います。案外取れませんし外したいときに破損しにくいです。
また、水性のボンド(木工用など)を薄めて使う場合もあります。いろいろ試して自分に合う方法を探しているところです。

投稿: me20 | 2019-05-21 23:20

me20さん

余計なコメントにご教示いただきありがとうございました。

WAVEのものは持っていますがクリアー過ぎて厚みが、、
>削り込んでサイズを変える:凄腕。

>クリア塗料を流して留める:面白いですねやってみます。
木工ボンドは使ったことがあります(乾燥後透明になるのがイイですね):薄めて使うのはなおいいかもしれません。今度試してみます。

投稿: hiranuma | 2019-05-22 06:20

me20さん

ライトレンズに関してご教示いただいたことがきっかけで、ご存知雨かもしれませんが
aarchetta ライトレンズ&メーターレンズセットを見つけました。
これなかなかだと思い その他の知っているライトレンズとともにライトレンズのことをJミニに投稿させていただきました。
遅ればせですが報告まで。

投稿: hiranuma | 2019-05-25 23:23

hiranumaさん

Jミニ拝見しました。1/24カーモデル用のライトレンズセットで、MODELER’Sのものとほぼ同一の製品ですね。

同じ金型かなと思うほどですがランナーの配置が若干違うような...でも違いはその程度です。
あと、金額は当時の倍ですがこれは仕方ないですね...。

投稿: me20 | 2019-05-27 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« At the end of Heisei | トップページ | Carro Leggero Ⅼ6/40 【1】 »