« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019-07-23

Carro Leggero Ⅼ6/40 【5】

イタレリⅬ6/40軽戦車、工作が完了しました。

T_img_20190723_064444

ちまちまといろいろやっているんですけど文章で説明するのは難しいですね。模型誌のライターってすげえなぁ(棒)。

えーっと、まずリベット(ボルト)を植え替えてます。砲塔は箱組ではないため流れてしまっているので、そういった部分の再現を中心に。ぜんぶ植え替えるのが目的ではありませんが、ある程度サイズが揃っていないと見た目がイマイチなので(感じ方には個人差が以下略)。

キレの良い0.5ミリの尖頭ボルトのモールドの部分も何か所かあり、そこを削り取って丸リベット(みたいなの)に植え替えるのはディティールダウンになるなーというジレンマもありつつでしたが...。

T_img_20190723_064329

反対側。キットのままでは雑具箱が短かすぎるので、3ミリほど延長しています。蓋は後ろ寄りなので工作は簡単です。

掛金はタミヤのセモベンテ付属のエッチングパーツより。 掛金と組合わせる「かんと(錠前を差込む部分)」は0.2ミリの真鍮線で再現しています。

先日ミリタリー研究家の吉川和篤氏に教えて頂いたんですが、こちら側の雑具箱の中に給油口があります。豆知識ですね。

雑具箱を延長したからではないですが、マフラーは逆に長すぎるので4ミリほど短くしています。丸いカバーはエッチングパーツが用意されていますが当然ながらサイズが合わなくなるので、アルミ板で自作しています。その際単純に長さを短くするだけでなく、資料を参考に少し幅を変えています。

T_img_20190723_064414

後ろ側のフェンダーステーはキットではパーツ分割のため左右で泣き別れになっているので、削り取りプラ板で作り直しました。排気管側は切り欠かれているのを再現しています。

転輪は金型の関係か断面が皿のような形になってしまっているのでパテ盛り+ドリルレースで修正しています。でもよく見ないと判りませんね。あと、いろいろ頑張ってみた結果、足回りが却ってガチャガチャになっているような気がします.....。

T_img_20190723_064528

車体前面~起動輪周辺のモールドは一旦削りとり、それらしく修正しています。また、変速機点検ハッチのある装甲板の幅変更(隙間埋め)に併せて前照灯のある装甲板の形状変更も行っています。

ただ、実際の車両の装甲板の角度を正確に再現するのは戦闘室をスクラッチする必要があるため、そこは敢えて無視しています(なんちゃって)。

キャタピラと起動輪はフリウルモデルATL-95。繋げたら片側84リンクづつでした。180枚セットとラベルに書いてありますが、数えたら200枚以上入っていましたよ。おまけ多めで嬉しい。

| | コメント (4)

2019-07-19

Carro Leggero Ⅼ6/40 【4】

イタレリⅬ6/40軽戦車続き。

7月も20日ほど過ぎようとしていますがまだまだ完成には遠いです。毎日何かしら作業してるんですけどね。

目に見えない部分では、置いてあっただけのパーツが接着されてたりしてます。わかりませんかそうですか。

T_dsc02107

足回りも少し進みました。起動輪は前回も書きましたがフリウルモデルのATL95に付属しているものです。いい感じですね。

キット付属のもそんなにおかしくは...うーん...これと比べちゃうとね。それしか無ければ使うんでしょうけれど。

何よりキットのままだとキャタピラと起動輪が噛み合わない(イタレリあるある)ので、ストレート組みだとしてもちょっと面倒です。

ATL95は10年くらい前に買ったんですが、そう言えばネットでも完成状態を見た記憶が無いですね...。

T_dsc02108 

反対側はこんな感じです。

小さすぎる雑具箱を3ミリ大きくして、長すぎるマフラーを4ミリ短くしています...ってマフラーまだ接着してませんでしたよ(出来てます)。

T_dsc02110 

このアングルの前回との違いは...フックとかのパーツが付いているくらいでしょうか。

T_dsc02112 

後ろから。右側後部のフェンダーステーは(マフラーに掛かるため)実車画像を参考に切り欠いています。

前回の画像では判りにくかったため書きませんでしたが、砲塔後ろのハッチは薄すぎるため厚さを増しています。

もろもろパーツはほぼ出来ていて後は接着するだけですが、先ず足回りを組んでキャタピラを組みたてて長さを調節して...ああまだ先は長いな...。

| | コメント (2)

« 2019年6月 | トップページ