« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020-09-28

HOTCHKISS H38 PIT-ROAD(Trumpeter )1/35 【8】

ピットロード・オチキス戦車、塗装編です。工作完了後、きれいに洗って4か月ほど乾燥させていました。

というのはウソで、本当は8月にR35と一緒に基本色のみ塗っていたんですね。どちらにしても時間が掛かりすぎですが。

Img_20200920_154338

前回に投稿した写真と同じです、すみません。でも黄土色に若草色はよく合いますね。ライトベージュの短パンにオリーブグリーンのTシャツみたいな、初夏のカジュアルな合せの定番です。えーと何の話でしたっけ。

このままでいい感じですけど、このあと砲塔に茶色を入れたり、迷彩パターンを黒で縁取りしたりしなければならないんですね。せっかく目に鮮やかなのに台無しになりそうな予感がします。

Img_20200927_143514

車体前面のオチキスのロゴをトリコロールで塗ってみました。

持ってて良かったタミヤラッカーのグロス3色。タミヤラッカーの艶ありは隠ぺい力が高めなのか、薄めて数回吹いてご覧のとおり。発色も良い感じですね(個人の感想です)。

Img_20200927_150821

そんなわけでこちらが今の状態です。これから迷彩に黒フチを筆で描いてクリヤーを吹いてデカールを貼って....ああ、まだまだ先は長いです。

| | コメント (4)

2020-09-22

シルバーウィークの思い出2020

9月の4連休もぼちぼちと模型を弄っておりました。

前回記事をアップしたタミヤのスターリン3はだいぶ前にポリキャタピラを捨ててしまっており、代わりにモデルカステンSK-9が組立て塗装済みでトラペの箱に入っていました。

SK-9は可動組立式の初期の製品なので出来の方はアレな感じですが、IS-3自体をライトに作ったのでむしろぴったりと言えます。

Eiruoaivgaa15ur

SK-9を組んだのは20年以上前の事で、雑だったゲート跡処理を補修してみたところ数か所のピンが折れてバラバラになってしまいました(モデルカステンあるある)。

余った履板やピンは記憶の場所には無くまったくの行方不明状態でしたが、半日掛けて思いつく場所を掘り返し、ようやく見つけて補修。幸い長さも適正でしたがこれで一日分の気力を使い果たしました(泣)。

Eirvdp7uyaarnj8

最近の製品なのに買った記憶がないMrカラー512(1947年以降の4BO)が在庫にあったので全体にブワーと吹いてSK-9を仮装着してみました。

画像が小さくてすみませんが既に恰好良いですね。砲塔に番号のデカールを貼ろうかどうしようか、現在考え中です。

Eivur7u4aeumns

ピットロードのH38も少し進めました。Mrカラー39にいろいろ混ぜた色をベースに、R35のものと同じグリーンの迷彩としています。

少しスカスカっぽいですが車体のパターンはこれで行こうかなと。このあと、砲塔にのみ茶色の帯状の迷彩を入れます。

| | コメント (2)

2020-09-14

IS-3 TAMIYA 1/35

9月を迎えました。詳しくは申しませんが今年は何と言いますか、マイナスの出来事が次から次にやってくる、いったい全体どうなってるんだよ!な年です。正直もうたくさん。嫌なことがもう起きませんようにと願うばかりです。

模型の方はまだまだ気温が高いので、油彩を使った塗装はお預けです。乾燥が早いとコントロールできないので、というのが表向きの理由ですが汗だくでちまちま塗るのもやだなあ、という感情が主です。

 

さて、在庫箱減らしのために始めたタミヤのスターリン3ですが、一応こんな恰好になりました。

Ehqsqsoucautmh5

素組です。素組のすは素敵のす。

砲身と予備燃料タンクのサーフェーサーは合わせ目の処理のため、泥除けと防盾のカバーのそれはデコボコ表現をパテ埋めしたため。

砲塔と防盾は90年代風の鋳造肌表現をサンドペーパー(神ヤス)で丁寧に落としております。こうすると落ち着いた、いい感じになりますよ(個人の感想です)。

というわけで塗りかけが溜まりに溜まっております。

| | コメント (2)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »