« 静岡モデラーズ合同展示会 | トップページ | KV祭り(13年ぶりその3) »

2020-11-24

AUTOCARRO LANCIA 3RO E CARRO LEGGERO FIAT L6/40

ランチア3Roトラックの完成です。

荷台に戦車が載ったので、タイトルをLancia 3Ro【5】からイタリアンな感じに変えてみました。綴りを間違えてたらスミマセン。

T_dsc02154

IBGのキットはストレート組みです。資料写真と比べてあれ?と思う箇所は複数あります(IBGあるあるみたいです)が、ほぼ初めましてなのに中途半端に拘ると終わらないなーと思ったのと、そもそもL6軽戦車を載せるためなのでこれでいいのです(いいわけ)。

T_dsc02153

アピール出来るのはのっぺりしていたライトレンズをモデラーズのものに交換したくらいでしょうか。簡単ですけど、ぐっと高級カーモデルらしくなるので効果的です。

T_dsc02158

塗装もL6とほぼ同じ方法で、見た目はごくあっさりとしたものです。スミ入れだけはしつこくやってますが。しつこ過ぎましたね。

もっと写真を載せたかったんですけど、デジカメのバッテリーが死にかけで急いで撮ったので、使えそうなのが2枚しかありませんでした。

※撮り直した写真に差し替えて3枚に変更しました

しかしL6の足回り、転輪の修正とか誘導輪の位置とか結構手間が掛ったのにぜんぜん見えません.....。

 

※ときどきIBGなのかIGBなのか判らなくなり、過去記事で何度か間違えていたのでこの機会に修正しました。デニーズをデズニ―と間違えるおじいさんみたいですね。

|

« 静岡モデラーズ合同展示会 | トップページ | KV祭り(13年ぶりその3) »

コメント

me20さん

トラックの完成おめでとうございます。
戦車を乗せて満足満足でしょうか。
いつもながらのトーンの塗装は健在で素敵です。
如何してこうなるのか不思議なくらいです。
塗装しないとそうなるのか如何なるのか分からないのにエンジン分解しているのは、、

投稿: hiranuma | 2020-11-25 08:39

hiranumaさん

ありがとうございます。
イタリアントラックのキットを購入した動機がL6/40を作って荷台に載せる事でしたので、とても満足です。
塗装はどうでしょうね、トレンドでないこと以外は自分ではよく判っていません。

画像を撮り直したものと差し替えたので印象が変わるかもしれませんね、宜しければ改めてご覧ください。

投稿: me20 | 2020-11-25 12:19

me20さん

やはりいいです。
車幅ポールの赤の色合い、尾灯の赤の色合いがまたいいです。
尾灯はクリアレンズでは無いですよね塗装の深みでレンズっぽく見えます。
前照灯は前からの写真が無いのでよく分かりませんがちゃんとくり抜いて作ってあるのはさすが。

投稿: hiranuma | 2020-11-25 16:58

完成おめでとうございます。いいですね~。

うちの姪っ子も、小さいころ「デズニーで食べた~い」とか言ってました。
(そんな姪っ子も今や立派な社会人ですが)

「IBGかIGBか」は、割とあるある系の混乱ですが、もともとが「インターナショナル・ビジネス・グループ」という、はっきり言って御大層過ぎる名前の頭文字だというのを見ていると間違わずに済みます。
「インターナショナル・ビジネス・マシーン」の頭文字であるIBMの親会社かお前は、って感じ。

ちなみに私は割と最近、「やるぬんかな」か「やぬるんかな」なのか判らなくなりましたが、正解はどちらでもなく「やんぬるかな」だったことがちょっとショックでした(一生口に出しては使わなさそうな語句)。

投稿: かば◎ | 2020-11-25 22:36

hiranumaさん

車幅ポールの赤玉は素材が何か分かりませんが、ツヤがあった方が良いだろうと思い(塗った赤がつや消しだったので)上からクリアーを塗っています。
尾灯はシルバーを吹いた上にタミヤエナメルのクリアーレッドを塗っています。そもそもがテールライトの赤色用なのでいい感じになりますね。


かば◎さん

ありがとうございます。
>「インターナショナル・ビジネス・グループ」
えええ~そうだったんですか、知らなかった。元が商社なのかな?でも、かなり大層な社名で模型メーカーの印象ないですね。

「やんぬるかな」は子供の頃に読んでいた「漫画日本の歴史」のセリフにありましたね。作画ともに昔の人なのでそんなセリフばっかりだったような。

投稿: me20 | 2020-11-26 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡モデラーズ合同展示会 | トップページ | KV祭り(13年ぶりその3) »